北極海航路は競争力があります

11 ноября 2019, 15:22 273

この間、20年前に作成された北極海航路協会の会議が開催されました。モスクワでのカムチャッカ発展公社の代表者であるザルビン・ミハイルがその会議に参加しました。

会議では、北極海航路協会の発展の見通し、2035年までの北極圏におけるロシア連邦の国家政策の主要な方向、北極海航路のインフラストラクチャーの形成、北極海航路を利用する商業船航行に関するそれぞれの問題、およびロシア連邦の極地での炭化水素資源の開発などについて議論されていました。

原子力ラッシュ船「北極海航路」のカムチャツカ半島からサンクトペテルブルクに8.5千トンの魚介類の荷重の運送は、北極海航路協会の会議で特筆されていました。モンコ・ニコライによると、船が北極海航路の極地の航程を1週間以内に越えたようです。原子力ラッシュ船の2回目の往航も予想されていましたが、ある情報によると、貨物不足のためキャンセルされました。来年、「ロザトムフロット」は、カムチャツカと大西洋海岸に沿っているのロシアの港の間で、より積極的な輸送業務を計画しています。

しかも、ノルウェーのマスコミによると、この2回目の原子力ラッシュ船「北極海航路」の往航の中止の原因は、北極海航路での輸送の不採算性だそうです。スカンジナビアマスコミはそのような声明を何回か発表したが、そのような結論は世界のコミュニティーをあまり納得させないようだと明らかであります。

北極海航路協会の会議で外国企業と専門家コミュニティの多くの代表者が参加したということは、多くの欧州諸国と環太平洋地域の国々が 大西洋と太平洋の間の最短航程を提供する極地物流の開発に対して関心があることを示しています。

Подписывайтесь на новости Камчатки в Telegram. Самые важные новости - весь день на ваш смартфон.


Оставить свой комментарий   Некорректный логин или пароль
Аноним Ваше имя: Пароль: Зарегистрироваться Просьба воздерживаться от нецензурной лексики, как открытой, так и завуалированной. Содержащие её сообщения, в соответствии с законодательством РФ, будут удаляться.